投稿者「川広 肇」のアーカイブ

2020年6月:「桑原さおり」

 

 

年明けから、Covid-19というウィルスが世界を包み込んでいます。
4月からは、どの国もロックダウンが進み、出入国に規制がかかり始めました。
今まだ多くの外国人が他の国に移動できず、また入ってこれない状況です。

カンボジアの学校はすぐに休校になり、みんなマスクをしての外出、アルコール消毒検温チェック、集まることを避け慎重に生活をしていました。

カンボジア在住日本人も、先が見えない中、日本で過ごすかカンボジアで過ごすかをそれぞれが決め、今この状況を過ごしています。

ここシェムリアップは観光がメインの町。
多くのカンボジア人や日本人を含む外国人が、観光業にたずさわっています。
4月から、ホテルが次々と閉まり、町にいるトゥクトゥクさんたちの姿が消え、
マッサージ、スパ、お土産屋さんもクローズ。
多くの人々が失業にいたりました。
仕事を失い、家賃が払えない、銀行にお金を返せなく困る人。
またシェムリアップでは生活ができなくなり、田舎に帰る人も多くいます。

幸いなことに、カンボジア国内での感染者は非常に少ないこともあり、今はカンボジア人が利用するお店は再開し、一時期真っ暗で人通りがなかった町にも活気が戻りつつあります。

多くの観光客でにぎわうアンコールワット遺跡群にも、いまや外国人の姿はありません。
その代わり、サイクリングしたり、家族や友だちと一緒に楽しむカンボジア人たちを多く見ます。
通常外国人で埋め尽くされる場所ですが、今はカンボジア人たちが、のんびりと楽しんでいて、これも今だけの貴重な時間に感じます。

今、まだ感染者が少ないカンボジア国内ですが、学校の休校も未だ続き、人が多く集まる場所では引き続きコロナ対策を実施していています。

日本も梅雨に入りましたが、カンボジアも雨季に入りました。
これから、コロナ対策とスコールとの共存の日々です。
今までのように、多くの方にカンボジアに来てもらい、遺跡や湖、人々の暮らし、温かく明るく純朴なカンボジア人の魅力を感じてもらえますように。

コロナの終息とともに、みなさんがこちらに来てもらえますように願う日々です。

 

 

2020年3月:「鬼一二三」

 

 

アキラ君、前回は訪日予定がキャンセルになり、涙を呑んだことでしょうが、今回は無事に訪日で

き、各地で活動紹介ができて、本当に良かったです。

現状を少しでも多くの方に知って頂くために、今回はテレビ出場の依頼も受けたとのこと、さぞ

反響が大きかったのではないでしょうか。

テレビに出ると、あちらこちらから問い合わせがあり、忙しくなることと思いますが、一人でも

多くの支援者が増え、地雷処理という大切な活動の継続ができることを強く望みます。

 

鬼一二三 (おに ひふみ)
日本とカンボジアの交流の場 いろはにほへと.com

東京都認証 特定非営利活動法人 アンコールワット日本文化交流会 [NPO法人 KH(クメール)] http://npokhmer.org
カンボジア王国 シェムリアップ州  国際日本文化学園 [一二三日本語教室&123図書館&櫻空塾空手道場&アンコール柔道場]http://www.ijci.net/

Tel : +855(012)821977

E-mail  :  onihifumi@hotmail.com

7回目のアキラ氏への支援金贈呈式

 

2020年2月24日に、7回目のアキラ氏への支援金贈呈式を行いました。

金額は5395ドルでした。

これは、2019年度の応援団員44名(2013年度継続加入者9名、2015年度継続加入者3名、2016年度継続加入者8名、2017年度継続加入者8名、2018年度継続加入者52019年度新規加入者11名)の応援団年会費528000円と特別寄付金108000円+190ドルの総合計636000円+190ドルから諸経費26000270ドルネットバンキング利用料1080円×10+1100円×2=13000円、HPサーバー使用料1080円×10+1100円×2=130008/31応援団チラシ(3000枚)印刷代270ドル)を差し引いた610000円-80ドルをドルに両替したものです。1ドル=111.4円

   

 

 

2019年11月7日 博物館内に待望の「アキラ・カフェ」が遂にオープン

博物館内に8月23日から建設中だった待望の「アキラカフェ」が、11月7日に遂にオープンしました。
これは、2年前に博物館に新しいモダンなトイレを作って下さった愛知県一宮市のNPO法人「ふれあいサロンさん・さんガーデン」の井浪理事長と坂井田理事のお二人が、今回は個人的にお金を出し合って作って下さったものです。
昨年8月の爆発事故の後、4ヶ月間に渡る閉鎖で客足の減った博物館にお客を呼び戻そうと企画して下さり、アキラ氏も大喜びのプロジェクトでした。
売上は勿論全額寄付で博物館の収益になり、アキラ氏が強く望んでいる地雷撤去の新チーム結成に大きく寄与するものと期待しています。

11月7日のオープンセレモニーには、出資者の井浪理事長、坂井田理事を始め、地元の有力者、旅行業関係者、建築業者をお招きし、お坊さんによる読経、来賓挨拶、テープカットと盛大に行い、カフェの盛況を祈願しました。

 

 

2019年12月:「川広 肇」

 

今回のテーマはちょっと固いですが、太平洋戦争の風化が進む現在の日本の思想状況です。

今年の2月の事ですが、博物館を訪れて下さったお客様に博物館の入り口に掲げている「日の丸」の話しをしました。
その時私は、「日の丸は日本の軍国主義の象徴の旗なので余り好きではありませんが、日本人がアキラ氏を応援している事を世界中の人に知って貰うのに他に有効な手段がありませんので、日の丸を掲げています」と申しました。
すると大勢の中の一人の年配の女性のお客様から、「日の丸が嫌いとは聞き捨てならない、こういう場でそうした発言をするべきでは無い」とお叱りを受けました。
また別の女性のお客様は、「今どき、そんな事を言う人は日本にはもう居ない」と仰いました。
これらの発言に大変ショックを受けました。
若い人で無く、こうした年配の方までもがこんな事を言われるのかと。
日本の戦争の風化が進んでいる証拠です。

若い人は知らないかも知れませんが、先の大戦で召集令状を受け取った人々が兵隊として戦地に赴く時、家族や親戚、友人知人、近所の人たちが寄せ書きをしてくれた「日の丸(日章旗)」を身に纏い、軍歌と日の丸の小旗に見送られて己を鼓舞しながら出征しました。
そして、多くの人がそのまま帰らぬ人となりました。
また、嘘で塗り固められた大本営発表に騙されて、銃後を守る国民は、戦果が上がったと発表される度に「日の丸行進曲」を歌いながら、提灯行列や旗行列をしました。
国民に自己犠牲を強いて国家への忠誠を誓わせ、お国の為、天皇の為に戦争で死ぬ事は名誉なのだと言い聞かせる役割を果たしたのが軍人勅諭であり、教育勅語であり、靖国神社でした。
そして、戦争を遂行する為に、民心を鼓舞して一つに纏める役割を果たしたのが、他ならぬ「日の丸(日章旗)」だったのです。

私の父親は、幸いにも外地に出る前に終戦を迎えたので、死なずに済みました。
しかし、多くの親戚や知人が亡くなっているので、「日の丸(日章旗)」が大嫌いです。
私の父だけで無く、戦争体験者の多くは「日の丸」に対して良いイメージを持っていないと思います。
私は戦後生まれなので直接体験した訳ではありませんが、やはり、「日の丸」が戦争遂行に一役も二役も買ったのだと思うと、どうしても好きにはなれません。

日本も既に戦後74年を経過し、戦争世代がどんどん少なくなっていて、直接戦争の悲惨さを知っている人はほんの一握りになってしまいました。
ですから、我々の様な戦後世代がしっかり戦争体験を引き継いで、更に次の世代に繋いで行かなければなりません。
そうしないと、戦後の74年間は平和だった日本も、この先どうなるか分かりません。
しかし、現実はどうでしょう。
最初に言いました様に、年配の人の中にも戦争の風化が進んでいて、戦争が悪だと言う事がますます若い世代に伝わりにくくなっています。
それだけで無く、戦後の民主主義を否定する様な今の政権によって、戦前を彷彿とさせる歪んだ愛国主義、排他主義、国家主義が一部の国民の中に浸透し、戦争に対する反省が薄まりつつある気がして、戦慄を覚えます。

地雷博物館の館長であるアキラ氏は、自分が少年兵として地雷を埋め、多くの人を苦しめた反省から地雷博物館を造って、世界中の人に、そしてカンボジア人に地雷の怖さ、戦争の悲惨さを訴え続けています。
カンボジアの子供たちは、まだそれ程昔の事で無いにも関わらず、余り内戦の事実を知らないので、それを危惧して正しく内戦の事実を伝えなければならないと言う使命感で博物館を運営しています。
私がカンボジアでアキラ氏の手伝いをしているのは、勿論そうしたアキラ氏の平和の為の活動に感動し、アキラ氏を応援する為ではありますが、もう一つは、アキラ氏の悲惨な戦争体験を日本の方にも知って貰って、それによって日本も二度と戦争を起こしてはならないという認識を共有して貰いたい、そうした思いからです。

私が日本人に対して、とりわけ若者に対して言いたい事は一つだけです。
「日の丸」に対して、それを嫌いになってくれとは言いませんが、戦争に対しては絶対にノーと言って欲しいのです。
戦争を推し進める側の人間は、「これは飽く迄も自衛の為の戦争だ」と言い張るでしょう。
既に歴史の決着が付いている先の大戦すらも、「あれは侵略戦争では無くて、米英中蘭に追い詰められて止む無く起こした自衛戦争だった」と言う輩までいます。
そこには戦争が悪だと言う認識がありません。
戦争が起こって苦しめられるのは必ず一般庶民であり、戦争を遂行する側および加担する側の人間は苦しむどころか巨万の富を得るのです。
ですから、どの様な理由を付けられ様と、絶対に戦争を許してはなりません。

日本を離れてカンボジアに骨を埋める覚悟の私ですが、日本が大好きな故に、日本人が二度と悲惨な戦争の惨禍に巻き込まれる事が無い事を心の底から願っています。
それ故に、日本の若者にはしっかりと社会情勢に目を向けて貰って、少しでも戦争を始める兆候が出て来たなら、毅然とした態度でそれと闘って欲しいのです。
それが、日本の若者に対する私からのお願いです。

 

「アキラ地雷博物館・日本人応援団」
代表  川広 肇

2019年10月「アキラ氏平和講演会」のお知らせ

 

10月26日から11月3日まで、下記の会場にてアキラ氏による講演会を実施致します。

皆様の御来場を、お待ちしています。

 

① 日時    10月26日(土)13時~15時

会場    清泉女子大学

東京都品川区東五反田3-16-21

集客人員   100人

対象    大学関係者以外の方もOKです

チケット金額  任意の募金

主催     「チームTorimitsu」

担当;鳥光宏氏(駿台予備校古文科講師)

090-2321-6691

Torimitsu726@gmail.com

 

② 日時    10月27日(日)14時開場 14時半開演

会場    大手町スペースパートナー

東京都千代田区神田錦町2丁目11番地7小川ビル4階

集客人員  100人

対象    一般

チケット金額 1500円

主催    「株式会社KMT」

担当;大房明良氏(行政書士)

070-4200-4733

a.ofusa@k-m-t.jp

 

③ 日時    10月31日(木)18時~20時

会場    蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)

宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦5

講演会タイトル  「不撓不屈の勇者たち」-生涯をかけて地雷除去に挑む-

集客人員  200名~300名

対象    一般

チケット金額  2000円

主催    「白石蔵王倫理法人会」

担当;羽田千賀子さん

090-6223-4791

zaochikako@gmail.com

 

④ 日時    11月2日(土)

会場    14時~16時  萬福寺

千葉県松戸市小金原3-1-6

集客人数  120人

 

19時~21時    森のホール21(松戸市民会館)

千葉県松戸市千駄堀646番地の4

集客人数 200人

対象    小学生からお年寄りまで、世界の平和、地雷について0から一緒に

学びましょう!先着30名様にはプレゼントもあります!

チケット金額  無料

主催    「なかよし学園」

担当;中村雄一氏

047-704-9844

nakayoshigakuen.office@gmail.com

 

⑤ 日時    11月3日(日)14時~

会場    小牧市役所 2F多目的ホール

愛知県小牧市堀の内3丁目1番地

集客人員  100人

対象    一般の方

チケット金額  無料

主催    「NPO法人//ふれあいサロンさん・さんガーデン」

理事長 井浪典子氏   担当;速水洋義氏

0586-84-3305

sansangarden@gmail.com

 

 

2019年9月:「岩田亮子」

 

独りバッタンバンで孤児達の自立支援を始めて11年目になりました。

その11年目にして、今年初めてデング熱にやられました ‼ と言うと二度やられた川広さん

には笑われそうですが、いや参りました。

毎年2‐3人は孤児院の子ども達がデング熱には掛かるのですが、今年はこの10年に無い

ような猛威で殆どと言っていい子ども達が掛かってしまいました。

しかも期間が長く6月から始まり今月初めまで入れ替わり立ち替わりです。

同じ環境で生活しているので当然と言えばそれまでですが、いろいろ対策を講じてみたに

も拘らず、焼け石に水でした。

熱、吐き気、身体の痛み、湿疹、めまい、等など。症状に個人差がありますが、大体こん

な様子でした。

私は健康に自信があっただけにショックでしたが、やはり体力が落ちていた時期に狙われ

た感はあります。寝不足大敵 ‼

そしてとにかく蚊に刺され難くすること ‼

そんな無理無理と誰もが思いますが、「足の裏を除菌シートで拭く!」だけでも覿面に蚊が寄

って来ないそうです。

未だプノンペンでは発症していると聞いています。是非お試しあれ ‼

皆様、お元気で笑ってお過ごしください。

 

バッタンバン州

Hope  Of  Children

岩田亮子

 

 

2019年7月:「田辺美穂子」

 

人生というものは、まったく何がおこるかわかりません。

一昨年の夏にシェムリアップを再訪し、アキラさんのステキな笑顔と、かわちゃんこと川広さんの変わらず元気で頑張っておられる姿を拝見してからの昨年のアキラさんの逮捕、アキラさん無しの日本全国講演会(ポーイ君は本当に頑張りましたね。素晴らしかった!)、アキラさん無事釈放と、我らのカワヒロさんのご結婚!!

今振り返ってみても昨年はなんと濃ゆい1年だったのでしょう。
終の住処に選ばれた大好きなカンボジアの地で新しい人生を更にスタートされたカワヒロさん、その話題の尽きないエネルギッシュな人生に心から乾杯! です。
カワヒロさん、またお会いできる日を楽しみにしております。

私は、アキラさんの地雷博物館のボランティアガイドを終えた後はインドネシアはカリマンタン島での環境保全と、動物保護、中国の沙漠で緑化活動のお手伝いをしたりといろいろとボランティアをしておりましたが、今年からは日本の保護犬の施設でお仕事をさせていただいてます。
殺処分対象の犬を引き取り、人慣れ訓練をして里親さんに譲渡するという流れなのですが、その施設で受付のお仕事をさせていただけることになったわけで、日々充実した時間を過ごしております。
日本は動物愛護の面では全くの後進国で、「動物虐待国」として知られています。
テレビをつければ動物虐待のニュースの日々。
知られていないところで行われている残虐な動物実験、無くならない悪質なペットショップやブリーダー。
知れば知るほど、その深く暗い闇に絶望するばかりなのですが、その施設のスタッフの、犬に対する愛情の深さを日々見つめていると、なんとも言えない幸せな気持ちになれるのです。
心にも体にも深い傷を負った犬達と日々真剣に向き合い、1つでも多くの命を幸せに繋げるその作業を大切に紡いでいる姿はまるで菩薩様のよう(女性スタッフが多いもので。)。
そして保護犬を家族として迎えてくださったファミリーさんの優しさ!
保護犬を引き取るということは、想像以上の苦労があり、簡単な気持ちではなかなかできないものなのです。
でも、「怖がって外を歩かないものだから、半年くらいは抱っこして散歩に出ました」とか「2か月はゲージから出て来なかったです。ゆっくり、ゆっくり仲良くなっていきました。」なんて話を、現在では見違えるほど明るく楽しそうにそして幸せそうに尻尾を振るそのワンコの頭をニコニコと撫でる里親さんのお顔もまた菩薩様なのです。
「動物虐待国」として知られる日本、でも、そんな日本もまだまだ捨てたもんじゃない。
菩薩様だって、たくさん存在しているのです。
そんなこんなで最近はなかなか昔ほどアキラさんのステキ笑顔を拝みにシェムリアップに行けなくなりましたが、また是非折を見て遊びに行きたいと思っています。
その時はカワヒロさん、奥さんを紹介してくださいね。

 

2019年3月:「桑原さおり」

 

皆さんこんにちは。呼びかけ人の桑原さおりです。

3月に入り、カンボジアは急激に暑くなりました。

在住者もカンボジア人も、観光でいらっしゃる方も、ばてばてで休み休みじゃないと、活動できない暑さです。

今年も年が明けました。

カンボジアでは、3つの新年が迎えられます。

1月1日に、インターナショナルニューイヤー(日本のお正月ですね)があり、カンボジアにとってこの日は国の祝日のうちの1つ。1日だけ休み翌日は通常にもどります。

2月には、中華正月があり国の祝日ではないですが新年としてお祝いされます。カンボジアは古くから中国の影響を受けていますので、こちらも大切な行事ですし、中国にルーツを持つカンボジア人もたくさんいます。また中国からもたくさんの方がいらっしゃって、シェムリアップの町も大いににぎわいました。

そして、来月4月には、カンボジア人にとって一番大切なクメールニューイヤーがあります。

4月は暑季といい、乾季から雨季に変わる前。

川や湖の水がとても少なくなり、暑さがぐんぐん増して、動物や植物も、ばてばてです。

サウナに入っているような状態になり、昼は頭が働かずにぼーっとして、夕方から夜にかけて、やっと動ける状態になります。

そんな厳しい暑さが極まる中に、この新年がどかーんとやってきます。

ちなみにカンボジアでは、毎年毎に新年を迎える時間が変わります。

日本ですと午前0時に新年を迎えますが、カンボジアは占い師によって新年を迎える時間が決められ毎年変わります。

その年の女神が天から降りてきたときに新年がスタートします。その様子は毎年テレビで放送されます。

繁華街でビールを掛け合う若者たち、一緒に朝まで騒ぐ旅行者、お寺に家族で出かける人々、帰省してお家で家族で集まったりと各々のお正月を祝います。

この時期だけは、夜になればお寺がダンスクラブに様変わりする光景も見ることができます。

そしてカンボジア人のアイデンティティーでもある世界遺産アンコールワットには全国から多くの人が集まり、この日のために用意された多くの屋台や伝統舞踊のパフォーマンス、ライブセットなどで楽しみます。

カンボジアの成長と治安の安定とともに、クメールニューイヤーも、どんどん華やかに、たくさんの人が集まるようになりました。

カンボジアは、内戦があったため、海外に逃れた人がたくさんいます。

その人たちが、やっと安心して戻ってこれる国になりました。

クメールニューイヤーがにぎわうのは、成長と安全の証。

道路にたくさんの車が並び、年々その数は増えていき町が混雑しますが、その分平和になったということだと思って、私はいつも感慨深く思っています。

 

写真1

町中に星の飾りが飾られます。この中に女神が舞い降りてきます。

写真2

今年は戌年でした。来年はいのしし年(カンボジアでは豚)に変わります。

 

 

 

2019年1月:「鬼一二三」

 

色々な所で社会貢献者として表彰されても良いはずの立派な活動を地道に続けているアキラ君が捕まってしまう事件があり、折角きれいなトイレも出来た地雷博物館が閉鎖に追い込まれた時には大変心が痛みました。
このまま再開出来なかったとしたら何と勿体無い貴重な資料のたくさん詰まった博物館でしょう、と思っていましたが、無事に再開出来たとの知らせを聞き、胸をなでおろしました。

正しい事をきちんとしていても報われない事の多い発展途上国において、今回の博物館再開はこの国が良くなっていく証だと感じました。
アキラ君を信じ、アキラ君の下ですくすくと育っている孤児院の子供達も、アキラ君逮捕の際にはさぞ心細く、食事もろくに喉を通らなかった事でしょうに、本当に良かったです。

「怪我の功名」という言葉があります。
今回の事件をきっかけに、今まで地雷博物館の存在さえ知らなかった多くのカンボジア人や外国人が、再開した地雷博物館に訪れる様になり、アキラ君の活動を更に支えていってくれる事を願ってやみません。

 

 

鬼一二三 (おに ひふみ)
日本とカンボジアの交流の場 いろはにほへと.com

東京都認証 特定非営利活動法人 アンコールワット日本文化交流会 [NPO法人 KH(クメール)] http://npokhmer.org
カンボジア王国 シェムリアップ州  国際日本文化学園 [一二三日本語教室&123図書館&櫻空塾空手道場&アンコール柔道場]http://www.ijci.net/

Tel : +855(012)821977

E-mail  :  onihifumi@hotmail.com